蔵屋鳴沢の製茶には、長年培われてきた技術が生きています

製茶には、長年培われてきた技術が生きています。

一口に製茶と言いましても、何段階もの工程があります。日々これ丹精。

荒茶製造工程・茶畑で摘みとった生葉を蒸気で蒸し、揉みながら乾燥する工程です

茶摘み風景

1.摘採・搬入
毎年、4月中・下旬から5月中旬まで、新茶(一番茶)の生産が行われます。茶葉は手摘、茶摘機などで摘みとられ荒茶工場へ素早く運び、鮮度を保ちながら生葉管理装置に一時的に保管します。蔵屋鳴沢は、自家栽培、自家工場での製茶ですので、新鮮な状態で製茶が可能になっています。



蒸し工程 2.蒸す
蒸す工程は「製茶の8割は蒸しで決まる」と言われるほど重要です。集められた茶の葉を蒸機へ送り、茶の葉を蒸気で蒸します。






冷却工程 3.冷す
蒸した直後の茶葉は90℃以上の高温です。蒸された茶の葉の表面の水分をとりのぞきながら気化熱を奪って冷やします。





葉打ち工程 4.葉打ち
蒸した葉を大量の熱風の中で振りながら乾燥します。







粗揉工程 5.粗揉
熱風の風量をやや少なくし、揉みながら乾かします。







揉捻工程 6.揉捻
茶の葉に強い力を加えて水分の均一をはかりながら揉みます。







中揉工程 7.中揉
茶の葉をふたたび揉みながら熱風で乾かします。






精揉工程 8.精揉
茶の葉に強い力を加え、乾かしながら針のような形状に整えていきます。







乾燥工程 9.乾燥
形の整った茶葉をこの工程で、水分量を5%まで乾かします。でき上がったお茶を荒茶といいます。粉や茎なども混ざり合った状態ですが、保存可能になります。


仕上茶製造工程・荒茶から粉と茎を分離し、茶葉の長さを整えて高温で乾燥し、価格別のお茶を作る工程です

再乾燥

1.再乾燥
荒茶製造工程の乾燥では、どうしても水分量にむらが出てしまいます。このため、水分量を均一にするために再度乾燥させます。





振い分け 2.振い分け
荒茶は、茶葉・粉・茎など形が大小さまざまな状態で混じりあっているので、粉茶をふるい分け、茶葉の大きさ別に分け、形を整えきれいにします。





風選 3.風選
さらに、茶の軽重の差による選別を行います。風の力を利用する方法です。






木茎分け 4.木茎分け
風選されたお茶から木茎、細い茎などを取り除きます。分けられた茎は、茎茶(棒茶)になります。















火入れ 5.火入れ
茶をさらによく乾燥させると同時に、独特の香りや味を引き出します。







合組 6.合組
製品の価格ごとに均一化をはかります。仕上がったお茶を仕上茶と呼びます。


Copyright(c) 2013 Kuraya Narusawa. All Rights Reserved.http://f-tpl.com